暮らしの唄
地鎮祭

地鎮祭後は手土産を持って挨拶回りへ!留守の時はどうする?

地鎮祭後の挨拶回りのタオルの画像

みなさん、こんにちは。

建物を建設する前によく施工業者をお施主さんとで地鎮祭をやったりしますよね。

そんな地鎮祭とよくワンセットになっているのが「近隣へのご挨拶」です。

「これからご近所付き合いをしていく近隣の方々への挨拶」は、まぁある意味「地鎮祭の一部」と言ってもいいくらいにほぼほぼ必ず一緒にやります。

 

ということで今回は、

「挨拶回りの時に手土産は必要?」
「挨拶回りの前はどんな準備をしておけばいい?」
「挨拶回りの範囲はどこのお宅まで?」
「もし留守だった時の対処法は?」

この3つにフォーカスを当てて、基本的なマナーを見ていってみましょう。

 

Sponsored Links

挨拶回りの時に手土産は必要?

地鎮祭終了後に、施工業者の方々と一緒に挨拶回りに行くのが一般的です。

元々そこに住んでいたパターン(建て替え)の時は、ご近所同士なので気軽に

「○○さん、工事中に迷惑かけるけどごめんね〜」
「いいのいいの気にしないで〜」

と言った具合にすんな事が運びますし、

新しくそこに住みはじめるパターン(土地から購入されている)の時は

「はじめまして、ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします」
「気になさらないでくださいね〜」

とお互いにどんな人なのか様子を伺いながらも、そこからすでにご近所付き合いが始まっているんですよねー。

 

ちなみに施工業者の方は挨拶回りにはタオルを持参して行くことが多いですが、

お施主さんはちょっとしたものを持っていく人もいれば、まったくの手ブラで行かれる方もけっこう居ます。

 

正解があるわけではないので、「こうですよ!」と言い切ることは出来ませんが、

簡単なモノでもいいので何かしら手土産を持っていくと、

「ご迷惑おかけします」「これからもよろしくお願いします」といった気持ちが伝わりやすく、

その時に顔も覚えてもらいやすかったりします。

 

あとは、そういう「気持ちの交流」的なモノがほんのチョットでもたった一回でも出来ていると

工事中だったり引っ越した後に何かあった時にちょっとのことくらいなら大目に見てくれやすくなるかもしれない、という利点も。笑

 

妥当なところで言うと1000円前後くらいのちょっとしたお菓子とかが無難かな、と思います。

安すぎて「チャチイな〜」と思われたくはないし、高すぎて変に身構えられるのもフランクに付き合いづらいですし、

やはり1000円前後がいいところではないでしょうか。

 

…とは言っても物事の感じ方は人それぞれなので、参考にする程度で思ってもらえればいいと思います。

 

挨拶回りの前はどんな準備をしておけばいい?

基本的に挨拶回りをする為の準備としては手土産程度で、モノとしては他には特に必要はありません。

しかし、実際に近隣へのご挨拶にうかがった時の、玄関先でのちょっとした挨拶は考えて練習しておいた方がイイでしょう。

 

例えば、こんな感じはどうでしょうか?

こんにちは。今日はすぐそこで地鎮祭をやらせてもらいました○○と申します。

あそこに新築を建てることになりまして、工事が始まる前に近隣への挨拶として今まわらせてもらっています。

ご近所なので音がうるさかったりですとか、色々とご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

コレつまらないものですが、よかったらお受け取りください。」

 

ここまでをサラッと言えれば、ご近所の方にはほぼほぼ高確率

「ご丁寧にスイマセン〜、全然気にしないでいいですよー!こちらこそこれからよろしくお願いしますネ」

と言っていただけます。

まぁ「気持ちが伝わる事」が重要なので、へんに丸暗記して棒読みっぽくなったりしなければ、基本的に問題はまったく無いですし、大丈夫でしょう。

 

スポンサーリンク

挨拶回りの範囲はどこのお宅まで?

基本的には工事着工前の挨拶をするお宅の範囲としては、

両隣と、向かいの3軒裏の3軒

 

この(最大)8軒は必ずまわるようにしましょう。

 

もちろん状況次第、もしくは家の並び方次第で、もっとたくさんの家に挨拶にまわらなければいけなかったり、

またはその逆で全然まわる家がなかったりなど、状況次第で色々と違うこともあるので、

そこに関しては、施工会社の人に一度相談してみるとイイでしょう。

 

もし留守だった時の対処法は?

とりあえずは、施工会社の人たちが用意する粗品など(タオルとか)はポストに入れて、

お施主さんがもしお菓子などを用意する場合は後でもう一回うかがうなどの形で対処するようにしましょう。

一番イイのはその日の夕方など誰か居そうな時間帯に行くのがイイでしょう。

 

例えば一週間くらい先延ばしになってしまったりすると、

近隣の方もタオルの事を忘れていたり

「やっと来たのか〜、挨拶に来るのが遅いなー」

と言ってはきませんが、そんなふうに思われてしまうような場合も全然ありえますよね。

 

やはり物事というのは何をするにも最初が肝心ですからね〜。

 

まとめ

という事で、今回は地鎮祭後の挨拶回りに関することを色々と書いてみました。

 

ちょっとした手土産を持って、挨拶をシッカリ練習して、留守の時はいつまた行くのか決めておければ、挨拶回りに関してはまったく問題ないでしょう。

 

どこの家まで挨拶に行くのか、事前に施工会社の方と話しておければ完璧ですね。

 

 

以上「地鎮祭後は手土産を持って挨拶回りへ!留守の時はどうする?」という記事でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。