お役立ち情報 配信中

地鎮祭の開催は義務?服装や参加者等のマナーやご祝儀の金額は?

みなさん、こんにちは。

 

家を建てる前に一般的にほとんどの方たちが

地鎮祭をやられると思われます。

今回は、この地鎮祭をやる時の、

 

「どんな服装で行けばいいんだろう?」
「参加者としてどこまで呼べばいいのか?」
「ご祝儀は包むべき?」

 

といった3つにフォーカスを当てて、

基本的なマナーを見ていってみましょう。

 

 

もくじ

どんな服装で行けばいいんだろう?

一般的な戸建て住宅の地鎮祭としては、

基本的に普段着でまったく構いません。

 

ワタシ個人の経験上で言うと、

約9割以上のご家族は、

皆さんいつも通りなフツ〜な感じの普段着

といった服装が圧倒的に大多数です。

 

まぁわりとラフな格好でも全然問題はありません。

 

しかしながら、

あまりにもだらしなさ過ぎる格好だったり、

むやみやたらと派手過ぎたり、

サンダルや草履だったり…

といったような格好は、

(ダメというワケではないのですが) 極力は避けましょう

 

もちろんビシっとスーツでも構いませんが、

あえてスーツでなくても全然まったく問題ありません。

いつも通りの普通の格好で充分OKです。

 

…あ、べつにスーツがダメとか言っているわけではありませんよ。笑

「だらしない格好だと良くないから」という理由で、

ビッチリしっかりスーツでパリッとキメて来られる方も、

中にはいらっしゃいます。

 

というわけで、どんな服を着るのかは

最終的にお施主様自身が自由に決めれば基本OKです!

特にルールみたいなものも無いので、

基本的にはあまり気にしすぎなくて大丈夫です。笑

 

…しかし本来、地鎮祭とは神様にお祈りをする為の

神聖な儀式なので節度ある格好を選択しましょう。

参加者としてどこまで呼べばいいのか?

基本的には、これといった決まりはありません。

 

一般的にお施主さん施工会社参加するのが普通です。

施主さん夫婦の各御両親も参加される

なんてのもよくありますよね。

 

逆に、御家族の誰かが参加しない(出来ない)

としても問題は一切ありません。

仕事だとか、学校部活だとか、

そういったパターンも普通にあったりしますからね。

 

まぁあんまり堅苦しく考えすぎないようにして全然大丈夫ですが、

もしもお子さんが小さい(赤ちゃん~学生くらい)だと

イベントとして思い出にも残るし、

数年後に写真を見たりするのにも楽しめるので、

ぜひ参加された方が良いのではないでしょうか。

ご祝儀は包むべき?

親族だったり友人だったりが地鎮祭をすると聞いた時に

ご祝儀などのお祝いをあげるべきなのか?」

という質問を受けたことが何度もあります。

 

これに対する回答としては、

「渡す必要は一切無し」

と考えてOKです。

 

基本的に地鎮祭というものは

「土地の神様に対するご挨拶」
「工事をするにあたっての安全祈願」

みたいな意味合いがあるんです。

 

なので、もしご祝儀・お祝い等をあげたい

といったお気持ちがあるのであれば、

完成して引渡しが終わった後に

「新築祝い」として渡した方がいいでしょう。

 

例えば↓こんなものとかどうでしょう。

▶ 画像① 

 

もしかしたら意外と↓こういった物

の方が無難かもしれませんけど。笑

▶ 画像② 

 

金額的な部分で相手の反応なんかを

気にしちゃう方は、コレくらいの物

↓とかでも良いかもしれませんね。

▶ 画像③ 

 

…とは言っても、もちろん場合によっては

地域的な考え方がある場合なんかもあり、

様々なケースが考えられるということで、

例えばその地域のご年配の方に確認してみたりする、

なんて手もイイかもしれないですよね。

まとめ

地鎮祭の時の格好は、お施主様の自由でOK!

ただし、節度のある服装が好ましいです。

 

そして、参加者としての範囲ですが、

これもお施主様やご家族のご都合で、自由に決められます。

思い出づくりとしても、参加者が多い方が記念になりますよね♪

 

あとは、ご祝儀の有無ですが、まったく渡す必要はありません。

どうしてもご祝儀を渡したいという時は、

お引き渡し後に「新築祝い」として渡すようにした方がスマートですね。

 

 

以上「地鎮祭の開催は義務?服装や参加者等のマナーやご祝儀の金額は?」という記事でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

もくじ
閉じる