暮らしの唄
建築物

仲見世通り商店街(浅草寺)の家賃16倍で存亡の危機!潰れたらどんな店が入るのか?

asakusa-sensouji-nakamiseshoutengai-02

2017年の10月26日に発売された週刊新潮にて報じられている

「ある話」が今とっても話題になっていますね。

どうやら東京の観光地といえばすぐに挙がる

「浅草寺」と雷門を結んでいる「仲見世商店街」の

家賃が約16.6倍アップになってしまうというんです。

 

家賃がいきなり16倍だなんて、

あまりにもえげつなさ過ぎる!?

って気もしないでもないんですが…、

果たしてこの一件、不動産のプロとしては

どんなふうに見てるんでしょう?

Sponsored Links

今回は、浅草寺がある台東区のエリアで

約7年くらい不動産会社に勤めていたという方に

詳しくお話を聞いてみたので、

書いていきたいと思います。

 

実はもともと破格の家賃だった!

今回の一件の流れとしての経緯について、

とりあえず週刊新潮から引用してみましょう。

 

下記が仲見世商店街にある

とある店の主のひとりの証言です。

そもそも仲見世通りの土地というのは、

もともと浅草寺の所有だったんです。

しかし上物(建物)は東京都が所有していたんですよね。

なので私たちは家賃を東京都に払っていたんですが、

2017年の7月に浅草寺が上物を東京都から買い取ったんです。

そして、激安だった家賃を周辺並みに合わせようというのです。

仲見世通りにある、89軒のお店の家賃は

平均月2万3000円なんです。

これがもし本当に約16倍にもなってしまえば、

約37万円というとてつもない数字になってしまいます。

 

たしかに、そもそもの家賃がまりにも

安過ぎるというのもわかっているんですが、

不動産のプロはいったいどんなふうに思っているんでしょうか?

 

今回お話をしてくれたのは、約2年程前まで

台東区にある不動産会社に勤めていたという

Sさん(30代男性)です。

 

自社物件のほとんどが台東区にあって、

浅草にも物件を持っていた会社に

つとめていたというんですから、

この一件の話を話してもらうには

まさにうってつけの人といえるでしょう。

以下、Sさんとのやり取りを書いていきます。

asakusa-sensouji-nakamiseshoutengai-01

スポンサーリンク

──では単刀直入にお聞きしますが、
不動産のプロという観点で今回の一件を
どんなふうに思われてますか?

「んー、2年ほど前くらいの感覚なので、

そこらへんはご容赦して頂きたいんですが、

まぁそもそもの話、仲見世商店街の家賃が、

2万3000円くらい(15000円/坪)ってのは

あまりにも安過ぎなんですよね〜。

そういった意味でも浅草寺の今回の要求って、

“本来は” 当たり前のことなんですよ。」

──ふむふむ…。ではあの辺での家賃の
相場って
だいたいいくらぐらいなんでしょう?

「それは住宅なのか、事務所なのか、もしくは店舗なのか。

そういったことろでも全然違ってきますし、

まぁ一概には…簡単には言えないところでもありますよね。

ビルグレードによっても違ってきますしね。

ただ、路面店(1Fの店舗)だったとしたら、

一応それなりに取れるエリアではあったりするんですよね。」

──なるほど。

「というかそもそも仲見世商店街は、

100%人通りが約束されてますからねぇ。

ぶっちゃけ、2万3000円って、実際には

あってないようなモノと思われれますが…」

──そもそもあそこの家賃が、
あまりに安過ぎるってことですか?

「それは明らかに間違いないと言いきれますね。

だって浅草寺に来る年間の来訪者数って

3000万人と言われてるんですよ!?

そのほとんどの人たちが仲見世商店街を

ほぼほぼ必ずと言っていいほど通るわけです。

“商売をする為の立地” という意味では、

一切文句のつけようがないくらいなんですよね。」

──たしかにそうかもしれないですよね。

「たしかにいきなり16倍だなんて聞くと、

あまりにインパクトが強すぎちゃいますが、

…37万円でしたっけ?…その数字も、

実際には全然不思議じゃないと思います。」

──そうなんですね。

「つまり、家賃が驚異的な破格だから、

今までに撤退するような店舗は滅多に無かったんでしょう。

空家にならなきゃ新規参入なんて出来ませんからね。

ある意味で既得権益ですよね。仲見世商店街の

店子さん達が守られすぎてた感じは…否めません。」

【※既得権益(きとくけんえき)】
ある社会的集団が歴史的経緯により
維持している権益(権利とそれに付随する利益)の事。

──ふむふむ。じゃあ家賃が実際に
約16倍になってしまったとして…、
店舗はやっていけるのでしょうか?

「それはわからないとしか言えないですね。

もちろん充分にやっていける所だってあるでしょうし、

潰れるような店もかなり出てきてしまうでしょうね。

でもそれこそが “自由競争” ですからねぇ。

本来はそれがあるべき姿なんではないでしょうか?」

スポンサーリンク

──なるほど。

「まぁ間違いなくこれだけは言えますが、

あの立地でダメなんだとしたら、

きっとどこに行ってお店をやっても

商売はまず上手くいくとは思えませんね。笑

広さ・設備なんかをみてないので、

37万円という数字が妥当かどうかは

チョットわかりかねますが…、

あまり的外れな数字には思いませんからね。」

──たしかに “あの周辺並の相場にする”
ということらしいですからねぇ。

「むしろ、37万円を出してでも入りたい

という企業はかなりたくさんあると思いますよ。

ただ基本的にあそこの店はかなり狭いですし、

設備だってスゴく整っているなんて思えないので、

飲食店などのカフェ等はまずムズかしいでしょうね。

団子屋だったりクレープ屋なんかの、

テイクアウト系がきっと向いてるんでしょうね。」

──そうかもしれませんね。話を集約すると、
けっして法外な金額
なんかじゃないということですか?

「わたしは個人的にはそう思っています。

外国の企業なんかがもし参入してきて

風情が失われるなんて声もあったりしますが、

それはオーナーとして浅草寺側が判断することですよね。

競争が生まれるなら、今まで以上に活気づくような

可能性だって充分にありますからねぇ。

少なくとも、観光客側にとってのデメリットは

一切ないと思いますしね。」

16倍といった数字だけを見ると、

あまりにも法外な要求かのように見えてしまいますが、

今までの家賃だったり仲見世商店街の立地条件などを考慮すると

デタラメな話でもないようです。

 

たしかに元々の家賃である、

2万3000円(15000円/坪)はあまりにも

異常なやすさ…破格なんでしょうが…

 

この一件について、

アナタはどんなふうに思いますか?

 

今後も浅草浅草寺の仲見世商店街の件に

注目し続けていきたいと思います!

以上、今回は仲見世商店街の家賃についてお届けしました!

最後まで読んでいただきありがとうございました。